労働時間短縮

短縮の目的

 単位時間当たりの生産率の向上を図り業績への貢献を目的とする。


短縮のメリット

  1. 仕事脳休息による集中力アップ
  2. 私生活充実による意欲の向上
  3. 私生活における気づきによる業務改善案

短縮への弊害

  1. 長時間労働を行う社員を優遇する企業体質
  2. 人件費削減のために新たな雇用を抑制する考え方
  3. 移行期間における社員一人当たり生産量の一時的な悪化
  4. 実績のないことによる不安
  5. 残業代減少による労働者の抵抗
  6. 長時間労働を前提とした段取りの慣行

 

特に5.と6.に関しては解決に相当の苦労を伴うと考えられる。

 

  本当に人件費は増えるのか?

人件費シミュレート例


短縮のデメリット

  1. 業務量が減った場合に残業削減による対応ができない。

「欲望」を「意欲」に繋げる人事の専門家   ノーサイド人事オフィス

  〒700-0063 岡山市北区大安寺東町2-16-101      

   TEL・Fax:086-255-6118  携帯:090-2008-8954 

e-mail tanaka@noside-okayama.com

まなびコーディネーター・社会保険労務士 田中 徹