労働協約を上回る個別契約は協約違反?

 本日学んだこと。

 労働協約に定めた労働条件は、標準の労働条件を定めたものであるという学説が多数となっていること。

 つまり、労働協約で具体的に労働条件を定めると、それを下回ることはもちろん上回ってもいけないことになるので、企業に必要な人材に対して、雇用を継続することを目的に、条件を上げることが問題になるかも・・・どうやって優秀な人材を確保すればいいのでしょうか?

 今の定説では、具体的な労働条件を定めないようにしたほうが賢明なようです。労働協約を定めるときはその点に考慮が必要です。

適正な学びの「場」を追及する専門家   ノーサイド人事オフィス

  〒700-0063 岡山市北区大安寺東町2-16-101      

   TEL・Fax:086-255-6118  携帯:090-2008-8954 

e-mail tanaka@noside-okayama.com

まなびコーディネーター・社会保険労務士 田中 徹