自主的社員とは?(当事務所の考え)

 自主的社員とはどういう社員なのか皆さんはどのように考えているでしょうか?

 当事務所では、会社から与えられた役割の中で、自分(もしくは自分がリーダーである組織)の特性を理解し、自分ができることを実践に移すことだと考えます。

 指示されたことを支持されたとおりに実践していたのでは自分の力量を実感することはできません。それどころか自分でなくてもかまわないのではと不安が現れ、その不安が業務の遂行にマイナスに作用することも少なくありません。そのような環境で自主的社員が育つでしょうか?私の考えでは、このような環境下でも自主的に行動できる方はいるとは思います。ただ、そのような環境下では自主的に尾後家ない社員が存在するのは事実だと思います。

 「ほめる社内報」で自己の価値をフィードバックすることは、自主的に自分にできることを理解し、さらに意欲を持って業務に取り組むサポートができると信じています。「ほめる社内報」で、力があるのになかなか花開かない方が、その力を存分に発揮できるようになるお手伝いができることを楽しみにしています。

適正な学びの「場」を追及する専門家   ノーサイド人事オフィス

  〒700-0063 岡山市北区大安寺東町2-16-101      

   TEL・Fax:086-255-6118  携帯:090-2008-8954 

e-mail tanaka@noside-okayama.com

まなびコーディネーター・社会保険労務士 田中 徹