新卒者世代の傾向

世代間のギャップは今も昔も変わらず存在しています。人事に関する仕事をする私はこのギャップが大きいといい仕事にはつながらないのですが、結構苦しんでいるのが現状です。今回は、そんな私が苦しみながらも得た情報をお伝えします。

 最近の新卒者世代の傾向として、以外にも個より和を大切にする傾向が出てきています。社員同士のコミュニケーションを活発にする社員旅行や懇親会などに関心が高くなっており、新入社員獲得のために社員旅行を復活させている企業も出てきています。

 近年、人材不足に悩む企業は、個人主義へとシフトしてきた人材に対応した組織づくりに注力してきました。しかし、新卒世代の傾向が変わってきたことに伴い、その対応に変化が求められています。

 

どんな年齢層をターゲットにしているかによって、今対応が必要かは、その企業次第ですが、新卒者の求人を考えると和を大切にした組織づくりを行うことが新卒者採用のカギとなりそうです。

適正な学びの「場」を追及する専門家   ノーサイド人事オフィス

  〒700-0063 岡山市北区大安寺東町2-16-101      

   TEL・Fax:086-255-6118  携帯:090-2008-8954 

e-mail tanaka@noside-okayama.com

まなびコーディネーター・社会保険労務士 田中 徹